恐怖症の克服・治療法 > 子供恐怖症

子供恐怖症

「子供恐怖症」と言う恐怖症があります。「ペドフォビア」とも別名呼ばれている恐怖症です。

子供恐怖症と言うのはどんな物かと言うと、子供自体に接する事を避けたり、子供を想像させるあらゆる出来事を避けたりする症状の様です。

「子供恐怖症」になってしまうと、例え結婚しても子供を持とうと思わなかったり、子供が出来たとしても虐待をしてしまったりする可能性があると言うからかなり深刻な病気である事が分かると思います。

「子供恐怖症」になってしまう原因として考えられるのは子供に関するトラウマがある事なのじゃないかと思います。

「子供恐怖症」を克服する為には、まず自分が子供を避けるのは単なる好き嫌いの話ではなく、病気のせいなのだと言う自覚を持つ事が大切です。

そして常に避けてきた子供に対して「慣れていく」事から始めていきましょう。

こういった克服方法を「暴露療法」と言う風に専門的には言うらしいですが、この療法には注意する事があります。

それは子供に慣れる事を無理強いしないと言う事、焦らないと言う事です。

無理に克服しようとすると却って逆効果になってしまったり、慣れようとした子供までもが恐がったりしてしまいます。無理せずゆっくり克服していきましょう。

恐怖症の症状が起こす症状の度合いによっては治療と言う観点から精神科や心療内科での治療が必要になります。そうすると薬物治療や専門的な治療も出来る様になりますので、考えの中に入れておきましょう。