恐怖症の克服・治療法 > 視線恐怖症の症状

視線恐怖症の症状

「視線恐怖症」と言うのは、自分以外の人が自分の事に注目して何か悪口でも言っているのじゃないか、私の噂を何かしているのじゃないかと思ってしまう症状の事、また常に自分の行動が誰かに監視されている様な感じがして何か落ち着かないと言う様な症状の事を指しています。

つまり他人の視線がとても気になると言うか怖いと言う症状の事を「視線恐怖症」と言う様に呼んでいるのです。

また相手の視線が怖いと言う視線恐怖症の他に、自分が相手に対して何か嫌な事をしていないだろうかと言う緊張感が出てしまう症状の「視線恐怖症」と言う症状もあります。

また、症状が悪化してくると人の目を見て話す事が出来なくなって来る場合もあり、無理に頑張ろうとすると身体が緊張してしまって硬くなり、頭痛や吐き気がしたりなどと言った身体的な症状も出て来る様になります。

またこの視線恐怖症は「対人恐怖症」の種類に属するのですが、一番「視線恐怖症」で悩んでいる人が多いのではないだろうかと言う位たくさんいると思われます。

症状が悪くなると、視線が気になり過ぎて何をやっても集中力に欠けたりして仕事や勉強などに支障が出てくるようになります。

また人間関係にも余計な問題が出て来る様になります。

この恐怖症の克服方法と言うか治療方法ですが、薬物による治療、心理療法等を中心として克服していく方法が良いと思われます。どうしても駄目だと思った場合には恥ずかしがらずに専門医に診てもらう様にしましょう。