恐怖症の克服・治療法 > 自己臭恐怖症

自己臭恐怖症

「自己臭恐怖症」と言う恐怖症があります。

これは自分の体臭が人より臭いと感じてしまい、それによって人が変に感じているのでは無いか、自分が臭いから嫌われるのではないかと恐がっている恐怖症の事を指しています。

実際に自己臭恐怖症になっている人の体臭が人より強いのかと言うと意外とそんな事もなく、普通の人が多いのですが、外出した時や職場にいる時、学校にいる時等、変に気になってしまい不安感に襲われたり、対人関係に悩んでしまったりしてしまうのです。

自己臭恐怖症は男女年齢問わず発症する可能性がありますが、比較的思春期を迎えた人に多く見られる症状です。

自己臭恐怖症になった場合、感じられる症状は様々で、自分では臭っているはずは無いのにと比較的軽く感じる方から、絶対に自分は臭っていると重く感じる方まで様々です。

こう言った思い込みが酷くなってくると、「私が臭いから、皆私の事を避けるのだ」と妄想を抱く様になり「妄想性障害」と言う様な症状を併発してしまう可能性まであるのです。

ここまで重症化してしまうと精神科医に診てもらい、妄想を和らげてくれる薬を処方してもらい、薬物治療と言う方法を取る事になります。

自己臭恐怖症を克服する手始めとしては、自分の臭いが気になる様になった原因を突き止める必要があります。

自分だけで出来ない場合にはカウンセラー等専門知識を持った人に相談するのも有効的です。そしてゆっくり焦らずに解決して行く事が結果的に克服への近道だと思うのです。