恐怖症の克服・治療法 > 乗物恐怖症

乗物恐怖症

乗物恐怖症と言う症状は字の通り、自動車や電車など乗物に乗る事が怖い事を指しています。

乗物に乗るだけで動悸がするのじゃないか、めまいを起こして倒れるのじゃないかと言う不安が押し寄せてくるのです。

何故この様な恐怖症になってしまうのかと言うと、きっかけの一つとして、ある乗物に乗っていたとします。

何が原因か分かりませんが突然息苦しさを感じたり、めまいを起こしてしまったりするとします。

その症状が続く中で「自分はこのまま死んでしまうのではないか」と言う不安が襲って来ます。

これが乗物に対して恐怖心を抱く原因になってしまうのです。

こう言った乗物恐怖症を克服する為には、自分の今の状態をきちんと受け入れる事から始めなければなりません。

自分が乗物に乗れないのは自分が「乗物恐怖症」だからだと言う様に認識をするのです。

認識が出来たら次はその原因を探っていきましょう。

何故乗物に対して怖いと言う思いを持つようになったのか探るのです。

そしてその原因が分かったら解決に向かう様にしていきましょう。

原因が解決できたと感じたなら、少しずつその乗物に乗ってみましょう。

避けては駄目です。例えば電車が怖いのだとしたら一駅だけ乗ってみるとか、バスでもバス停1つ分乗ってみるとか、少しずつ距離や時間を増やしていく等してゆっくり、でも確実に慣れていく事が大切なのです。
完全に克服するまでにはもちろん時間がかかるかもしれませんが、焦らずにゆっくりやって行く事が大切です。