恐怖症の克服・治療法 > 動物・植物恐怖症

動物・植物恐怖症

この世の中に「恐怖症」と呼ばれる物がたくさんあり、自分も知らない間にそのうちの恐怖症になっている可能性があります。

克服する為にもどんな恐怖症があるのか知っていく事も大切なのではないかと思いますので、少しご紹介してみたいと思います。

【動物恐怖症】
動物恐怖症と言うのは動物全般の恐怖症であったり、ある特定の動物に限って触ったり見たりするだけで恐怖心を感じてしまう恐怖症の事を指しています。

どういう事かと言うと、例えば幼少期に犬に噛まれたりとか、追いかけられたりとか嫌な経験を持っている人の場合、犬を見たり触ったりする機会があるだけで嫌な気分になったり、避けようとしたりするようになります。

犬だけに限らず、猫や蛇、馬、等特定の動物に対しての恐怖心を感じます。

【植物恐怖症】
ある特定の植物を触ろうとしたり見たりする事で恐怖を感じてしまう恐怖症の事を指しています。

具体的に例を挙げて言うと、バラの棘やサボテンの棘等を刺して嫌な思いをした事がある場合、バラやサボテンを触ろうとすると拒否してしまう事が一番分かりやすいのではないかと思います。

またちょっと変わったところで言うと、センダングサと呼ばれる植物があり、これは蕾や種が服に引っ付いてしまうと言う特色を持っています。

これに対して恐怖心を持つという人もいるようです。

この様に私達があまり知らない恐怖症と言うのもあるのです。思い当たる節がある人は知らない間に「恐怖症」になっている可能性があると言う事がお分かりいただけたかと思います。