恐怖症の克服・治療法 > 恐怖症全般に関する事

恐怖症全般に関する事

人には一つや二つ、怖い物と言うのがあると思います。

誰か決まった相手が怖いと感じる場合、暗い場所が怖いと感じる場合、人前が怖いと感じる場合等色々ありますが、これらは全て恐怖症の症状なのではないかと考えられるのです。

こういった症状が現われる様になり、生活が困難になり始めると、大抵は病院に行き○○恐怖症と言う病名を診断されてしまいます。

恐怖症と言う症状を診断される場合には、物事に対して不安感を抱くと言うだけではなく、怖くて仕方がなく、生活を普通にする事が出来ない事を指しているのだと思います。

様々な恐怖症になってしまう原因としては、色々あると思いますが、自分で原因を作ってしまった場合、誰が悪い訳でもありませんが誰か他の人が原因を作ってしまった場合等様々な原因がありそれにより出てくる症状もまちまちだと思います。

恐怖症は対人恐怖症を始め、暗所恐怖症、閉所恐怖症、高所恐怖症等様々な恐怖症がありますが人の数だけ感じる恐怖も違いますのでその分恐怖症があると言っても良いでしょう。

ですから恐怖症の数だけ克服方法もあると言う事になりますが、ある程度恐怖症とは心的要因(過去のトラウマ等)が原因となり不安感や恐怖感に変わると言う感じになりますので、原因が特定されにくく身体的な病気と比較すると治りにくいのが特徴だとも言えるでしょう。

ですからまずは恐怖症の原因を探る事、これが恐怖症を克服する第一歩かもしれません。