恐怖症の克服・治療法 > 対人恐怖症について

対人恐怖症について

対人恐怖症についてですが、これは「社会不安障害」と言う風にも言われていて、近年この病気にかかる人が増えて来ているようです。

その対象には20~30代位の女性が多くかかる様です。

対人恐怖症にかかる人の傾向としては、神経質な人、細かい事にこだわりを持つ人、何かに対して怖がりやすい人、恐怖心を抱きやすい人等が挙げられるみたいです。

対人恐怖症を発症してしまう原因の一つとして、小さい頃に人見知りが激しかった子供時代を送った人や、幼稚園などに預けられる際にお母さんと離れたくなくて泣きじゃくった経験を持っている人に見られる「分離不安」と言う傾向があるみたいです。

また小さい頃の経験や環境が対人恐怖症になってしまう原因になってしまう事もある様です。

この「対人恐怖症」と言う病気、得てして男性より女性の方が多く発症するみたいで、通常発症するのは10代後半~20代前半位みたいで意外と早い段階で発症しますが、これが生活に支障をきたすまでになると、年代が上がって20代~30代位になり病院に行こうと言う具合になる様です。

この辺りの年代は、プライベートでも変化が多く、また女性と言う点でも結婚、出産と言う点で悩みが多くなって来る為に苦痛を感じたり悩んだりしてそれが深刻化してくる様で、最初は単純な対人恐怖症から段々別の恐怖症になる可能性があるみたいです。

つまり悩みを解決しないでそのままにしておくと別の恐怖症も併発してしまい、更に症状が悪化すると言う感じになります。