恐怖症の克服・治療法 > 対人恐怖症に関する症状

対人恐怖症に関する症状

対人恐怖症になってしまった場合、どう言った症状が出るのかここで説明してみたいと思います。

対人恐怖症になってしまうと、人前に出ると失敗してしまうのではないか、失敗してしまったら恥をかいてしまう。とか他の人に馬鹿にされるかもしれない。など考えなくても良い心配を悩みにして考えてしまう傾向があります。

こう言った悩みや不安から以下の様な症状が出ると考えられています。

・手や足が震えてしまう。
・人の前に出るとどうしても緊張してしまう。
・他の人が自分の事をどう思うか気になって仕方がない。
・誰かと話をする時、相手の目を見る事が出来ない。
・誰かと話をする時、どうしてもどもってしまって上手く話せない。
・人前に出るとつい緊張してしまって、身体が強張ってしまう。
・自分の事を上手く話す事が出来ない。
・人前に出ると暑くもないのに手や顔等に冷や汗をかいてしまう。

まだ症状はあると思いますが、主な症状は上記の様な事だと思います。

こう言った症状は「交感神経」が影響をして起こる物で、こう言った症状は恐怖症じゃ無くても怖さを感じる状況の中で、逃げなくては、戦わなくてはなどと思う緊張した状況の中でも起こりうるような反応の様です。

対人恐怖症の人は自分でそれが分かっている人も多く、その事に関して悩んでしまったり、マイナスの事を考えてしまったりして不安で一杯になってしまい自分で自分を追い込んでしまう様にもなってしまうみたいです。

これがエスカレートすると症状も悪化してしまいます。この恐怖症を克服できたとしても、再度恐怖症になってしまう人も少なくないみたいです。