恐怖症の克服・治療法 > 暗所恐怖症

暗所恐怖症

色々な恐怖症について説明してみたいと思いますので、恐怖症について調べている人など参考にしてみて下さい。

【暗所恐怖症】
「あんしょきょうふしょう」と言う風に読み、その名の通り暗い所を怖がる事を指しています。

暗い所に入ってしまうとどんな症状が現れるかと言うと「息切れがしたり」「冷や汗をかいたり」「動悸、めまい、吐き気、震え等が起きたり」「物事がうまく考えられなくなったり」「現実と夢がごっちゃになったり」と言う様な症状が出る様になります。

元々人間と言うのは夜行性の生き物ではない為に、昼間の様な明るい所と比べると暗い所を違った環境、異色な環境と言う様に捉えてしまい暗い所を警戒してしまう傾向があります。

こういった本能の部分の恐怖が通常以上になった場合に上記で記述した様な症状が現れるみたいです。

この暗所恐怖症は大人よりは子供に多く見られる症状で、頭では暗い所は大丈夫と言う様に分かっていても異常に警戒してしまうと言う事になります。

【男性恐怖症】
個人差があるとは思うのですが、男性の方と話をするだけで怖くて顔が赤くなってしまったり、触られると恐怖心を感じたり、二人っきりになる事が耐えられなくなったりしてしまうと言う症状の事を指しています。

通常、この男性恐怖症は女性の方に多く見られる症状で、小さい頃男の子に酷いいじめにあってしまったりとか、父親からの虐待が原因になってしまったりとか、性的虐待を受けた経験があるとか小さい頃の経験が原因になってしまう場合が多いようです。