恐怖症の克服・治療法 > 嘔吐恐怖症

嘔吐恐怖症

「嘔吐恐怖症」と言う恐怖症があります。

この恐怖症は自分が嘔吐する事、また誰かが嘔吐する事に対して強迫観念を感じるようになり、恐怖感を抱いてしまうという状態になってしまう事を指しています。

この嘔吐恐怖症はパニック障害の一つとして考えられていて、併発する症状に鬱、不安神経症が挙げられます。

この「嘔吐恐怖症」になってしまう原因として考えられるのが、小さい頃の経験で自分が嘔吐した事で辛い思いをしたとか、苦しい思いをしたとか、恥ずかしい思いをしたとかという経験がある場合や、誰か他人が嘔吐したのを目撃してそのせいで嫌悪や罪の意識などを感じてしまった場合が原因である事が多いみたいです。

症状としては、めまいや震え、動悸等があります。

また自分が吐きたいと感じた場合でも恐怖心の方が勝ってしまい吐くこと自体を我慢してしまう場合もあるようです。

この症状が出る様になると常に自分が吐いてしまう事への恐怖感に駆られてしまって、何か食べたとしてもゲップが出来なかったり、外に食べに行く事さえも出来なくなったりする可能性もあります。

「嘔吐恐怖症」の克服方法としての治療方法ですが、確実に恐怖心を取り除けるような治療法はまだ確立していないのが現状です。

また恐怖心のせいで外出が出来なくなってしまった場合には専門医による行動療法等が有効だと言われていて、少しずつ外に出て行く練習や経験を積み重ねていくのだそうです。自分で克服しようとせずに専門医に診せる事も克服への近道だと思います。