恐怖症の克服・治療法 > おなら恐怖症

おなら恐怖症

「おなら恐怖症」(別名「ガスおなら恐怖症」)と言う恐怖症があります。

どんな恐怖症かと言うと、自分が誰か人と一緒にいる時におならをしてしまったとして、その音や臭いで人に迷惑をかけてしまうのではないかと恐く感じてしまう恐怖症の事を指しています。

大体の場合、家にいる時はおならがしたいなんて感じないのに外に出るとお腹にガスが溜まっているような気がするとか、おならがしたくなるとか感じてしまうみたいです

この「おなら恐怖症」を克服する為の手始めとして、人間なのだからおならをするのは当たり前の事なのだと認識して、自分はおかしくないのだときちんと状況を認めてあげましょう。

自分の状況を認めたら、次に恐怖症の原因が何かと言う事を探っていきましょう。

その上で外出時に、外出するとおならがしたくなる体質ではないときちんと認識してあげて、外出自体を避けるのではなく、外出して行く事を慣れるようにしましょう。

ここで注意する事がありますが、無理に恐怖症を克服しようと積極的に外出したり、焦って色々やってみたりして無理をしない事です。

無理をすると逆に意識してしまい逆効果になってしまう可能性があるので、焦らずゆっくり慣れていく事が克服への近道だと思います。

例え外出時におならが出ても「たいした事ないわ」と考えを軽く持ちましょう。

また恐怖症の度合いによっては薬物治療や心理療法等の治療をする方が良いと思いますので、専門医に診せてみましょう。