水恐怖症

水恐怖症と言うのは、水に入る事自体が怖いと感じる恐怖症の事を指しています。

通常はプールや海などの水に対して反応があるのですが、症状が酷い場合にはシャワーを浴びただけでも症状が出てしまう方もいる様です。

それならお風呂の水も駄目なのじゃ無いかと思いがちですが、水恐怖症の人の場合、水が怖いだけなのでお風呂や温泉等は大丈夫と言うケースが多いのです。

では何故こう言う様な症状が出てしまうのかと言うと、大体の場合は子供の頃に海で溺れかけた経験があったり、嫌なのに無理やりプールに入れられたりした事がトラウマとなってそう言った症状を引き起こしてしまうケースが多いですが、原因がよく分からなくて水が怖いと思っているケースもあります。

そう言った方が良く言う言葉では「何となく水の中に引きずり込まれそうな気分になる」と言う怖さを出す人もいます。

こう言った「水恐怖症」を克服させる為には、水に入る事を避け続ける事を止めると言う事から始めなければならないと思います。

水を避けていてはいつまで経っても恐怖心は取れません。

怖いと思っている水に慣れる事が大切なのです。

徐々に徐々に慣れていく事が大切で、決して無理に触ったり入ったりする事が無い様にしましょう。

急いで克服しようとすると却って逆効果になってしまいます。

こう言った恐怖症は、時間をゆっくり使って少しずつ治していく事が大切だと思うのです。それでも駄目だと思った場合には、心療内科など専門の病院で治療を受ける事が必要だと思います。