癌恐怖症

「癌恐怖症」と言う恐怖症があります。

この恐怖症は、癌に対して必要以上に恐がってしまう恐怖症の事で、自分が将来癌にかかってしまったらどうしよう?とか、もしかして今癌にかかっていたらどうしよう?とか変に恐怖心を抱いてしまうそうです。

「癌恐怖症」の人は、ちょっとでも身体に変化が出ると、「癌なんじゃないか」「癌の前兆なんじゃないか」とすごく恐がってしまいます。

思っているだけなら良いのですが、症状が酷くなるとちょっとでも癌に対してリスクがある行動をしなくなったり、発ガン性物質がある食べ物を食べられなくなったり、身体に異変があると感じて病院に行き、何でもないと診断されても安心が出来ず、何ヶ所も病院に行くと言う様な行動を取る様になったりします。

克服方法は自分が癌に対しての恐怖症なのだと言う事を認識する事です。

そしてそうなった原因を考え、解決していかなければなりません。

自分が癌恐怖症である事を受け入れる事、日常生活に支障をきたす位恐がるのは異常な事と認識する事が大切なのです。

注意しなければならないのは克服しようと、気にしないと言う事を意識しすぎてしまう事です。

本当に癌の前兆である事だってありますし、気にしないと言う事を意識しすぎると逆に大事な事を見落としてしまいます。病院に一度行き、診断が出たらきちんとそれを信じる所からゆっくり克服していきましょう。じゃないと、逆にストレスが溜まってしまい、身体が不調に陥ってしまいますよ。