恐怖症の克服・治療法 > トランスフォビア

トランスフォビア

「トランスフォビア」と言う恐怖症があります。

これはトランスセクシュアル・トランスジェンダーと言う身体と性が一致しない事に対する恐怖症だと言う風に言われています。

どういう事かと言うと、自分が女性なのに対して女性の身体である事を拒否し、トラック運転手の様な男性が付くと言われている職業に敢えてするとか、逆に自分が男性なのに男性の身体である事を拒否し、女性の様な髪型、服、化粧等をしたりして、本来の性とは逆の外見や役割をする事。

その事に対して嫌悪感を抱いてしまったり、恐がったりしてしまうのが「トランスフォビア」と言う恐怖症なのです。

これはその人の中にある、差別や偏見と言った事が原因と言われていますが、原因にトラウマが絡んでいる場合や絡んでいない場合や様々なケースがあり、とても解決するのが難しいと言われている恐怖症なのです。

この解決が難しい「トランスフォビア」を解決していく為に必要な事、それはまず自分がトランスフォビアと言う恐怖症である事を受け入れる事が大切なのです。

その上で自分が性に対しての考え方が狭いのではないかと言う様に問題を意識することがとても大切で、人には色んな行き方があるからそのどれもが悪い訳では無いのだ、良いのだというように時間をかけて自分を納得させていく事が克服への近道できっと症状は和らいでくると思います。どちらにしても焦る事が一番よくありませんので、ゆっくりと時間をかけて解決していく事をお勧めします。