恐怖症の克服・治療法 > 飛行機恐怖症

飛行機恐怖症

「飛行機恐怖症」と言う恐怖症があります。

この恐怖症はもしかすると自分が乗っている飛行機が墜落してしまうのではないか、等と万が一の事を不安に思って恐がってしまう恐怖症の事です。

この症状が酷くなると飛行機に乗れなくなってしまうので、海外に行く事が不可能になり、仕事に支障が出てきたり日常生活に支障が出てきたりしてしまう可能性もあります。

「飛行機恐怖症」になってしまう原因には、昔ハイジャックされた飛行機に乗っていたとか、ちょっと飛行機で怖い思いをした事があるとかと言うトラウマが原因になっている事もありますし、何でこんな金属の塊が空を飛ぶのだ?有り得ないと言う様な不思議な事を思ってしまう場合もあります。

こう言った「飛行機恐怖症」を克服する為には、飛行機に乗る事を怖がってしまうのは自分のせいではないと言う事、病気のせいなのだと言う事をきちんと理解する事が大切です。

そしてその原因となった事象を探り解決に導いていく事も大切になります。

飛行機に乗る事を逃げたい気持ちは分かりますが、支障が出てしまう以上逃げ回ってばかりもいられなくなります。

本当に克服したいと思うのであれば、飛行機に乗る事に慣れる事から始めてみてはいかがでしょうか。

こう言った方法を「暴露療法」と言う様に呼ぶらしいのですが、この方法を行うに当たっての注意点があります。無理をしないと言う事です。無理をすると逆効果になってしまい余計に飛行機に乗れなくなってしまうので、ゆっくり治していく事をお勧めします。