恐怖症の克服・治療法 > 歯科恐怖症

歯科恐怖症

「恐怖症」と呼ばれる物は様々な物があり、他の人にとっては何でも無い事でもその人にとっては物凄く恐い事に感じてしまいます。

そんな恐怖症の一つとして「歯科恐怖症」と言う恐怖症があります。

この恐怖症は日本人にはとても多いみたいで500万人以上の人が悩んでいるとも言われているそうです。

よく「歯医者が恐くて歯が痛くても我慢している」とか聞いた事ありませんか?

また歯が痛くて歯医者に行ったはいいけど結局歯医者に入る事が出来ず玄関先でずっと入る事を躊躇っている人もいるみたいです。

こう言った歯医者が恐いと感じる原因には幼少期の治療に関する経験が原因ではないかと言われています。

無理やり歯医者に連れて行かれて押さえつけられて泣きながら治療をしたとか、麻酔がとても痛かったとかと言う経験が原因になっている場合が多いようです。

こういった経験が無意識のうちに歯医者は恐いと思い込んでしまい、行くこと自体を躊躇させてしまう事になっているのです。

こう言った場合、歯の治療に関しての恐怖心、痛みに対する恐怖心があります。

これを取り除くのはそう簡単な事ではありません。

まず医師とあなたとの信頼関係を築き、きちんと納得して治療をするようにしましょう。

また少しでも恐いとか痛いとか感じた場合には、我慢をせずに中断してもらうことも忘れない様にしましょう。

こうやって安心感を植え付けていき徐々に恐怖心を取り除いていくのが克服への近道だと思います。また今では無痛治療などもある様なので調べてみてはいかがでしょうか。