恐怖症の克服・治療法 > 先端恐怖症

先端恐怖症

ここでは先端恐怖症に対しての克服方法等をご紹介してみたいと思います。

先端恐怖症と言う症状は針、指先、ペン先、箸先等何かしら先端が尖っている物を見ると、動悸がしたり、恐怖感に襲われたりして身体的に異変が起こってしまう症状の事を指しています。

また症状の一つとして心的症状から先端をずって見続ける事が出来ないと言う場合もあります。

症状の特徴としては、何かの先端を見ても自分が傷付けられたり、刺されたりと言う心配が無いのにも関わらず、先端を異常に恐がってしまうと言った特徴があります。

また逆に先端で自分が他人を傷つけてしまうのではないかと言う症状もあるみたいです。

先端恐怖症による症状は心的症状、身体的症状共に個人差がありますので色んな症状が出てしまいますが、頭痛が起きたり、めまいがしたり、ドキドキと動悸がしたり、胃が痛くなったりと本当に様々な症状があります。

こう言った症状が起きてしまうと、たまに日常生活にまで支障をきたしてしまう事があります。

例えば車のワイパーの先に対して恐怖を感じる様になってしまうと、雨が降ってワイパーを使わなくてはならない日は運転が出来なくなると言う症状がでてしまいます。

また人に指を刺されただけで症状が出る人もいるので、対人関係に関しても支障が出てしまう場合があります。

簡単な克服法を説明します。効果には個人差がありますので全員に効くとは限りませんが参考にしてみて下さい。

症状が出そうだと感じたら眉間を手で押してみましょう。少し症状が和らぐ可能性があります。また症状が出る前の予防法として、メガネをかけたりサングラスをかけたりしてみると言うのも効果がある様です。