恐怖症の克服・治療法 > 注射恐怖症

注射恐怖症

「注射恐怖症」と言う恐怖症は名前の通り注射が怖いと思っている恐怖症の事を指しています。

注射が怖いと言っても、針が肌に刺さる事が怖いと思っている場合、身体の中に何か薬物が入って来るのが怖いと思っている場合とがあります。

注射恐怖症の人は「先端恐怖症」も併発している可能性があります。

この症状が悪化してくると注射をする仕草をするだけ、つまりアルコール消毒をするだけで気分が悪くなってしまう事もあるみたいです。

この注射恐怖症を克服する為には、自分で注射が怖いのだと言う事を認識する必要があります。

それが克服への第一歩だと思うのです。

その後で何故注射が怖くなったのかと言う原因を探っていき、分かったら問題を解決していくと言う段階を踏んでいく事が大切です。

ここで大切なのは注射を怖いと思うと言う事は、自分のせいではないと言う事を自覚する事なのです。

そして「注射」から逃げると言う行動をとるのではなく、「注射」に慣れていくと言う事が大切なのです。

「注射」をする機会と言うのは早々ある物ではありません。

病気などが原因で注射をしなくてはいけないと言う場合もあると思います。

そんな状況になった時に自分が注射恐怖症だとその事が悩みとなり生活にまで支障が出て来る様になったりする可能性があります。

恐怖症の重症度によっては治療をきちんとした方がいい場合もありますが、治療をするのであれば薬物での治療や、心理療法などを用いた治療が良いと思います。